旅行&ちょっと遠出 -Category

20140302_257.jpg

上賀茂神社の次に向かったのは下鴨神社。上賀茂神社から南側に少し下った先にあります。自転車で10分くらいだったかな。。

20140302_260.jpg

下鴨神社の正式名称は「賀茂御祖(かもみおや)神社」。上賀茂神社とは「加茂」と「鴨」とで字が違いますが、どちらも古代の賀茂氏の氏神を祀る神社です。 上賀茂に比べると、鳥居の朱の色が鮮やか。

20140302_258.jpg

最初の鳥居をくぐって少し行った先にあった「さざれ石」。「君が代」に出てくるあの「さざれ石」です。よくわかりませんが、「神霊が宿る石」ということなのだそうですよ。。

20140302_263.jpg20140302_271.jpg

下鴨神社も結婚式場として人気が高いです。境内にはたくさんの新郎新婦&参列者で混み合っていて、数珠つなぎのようになってました。

20140302_268.jpg

下鴨の境内はとてもきれいに整備されていて、見所たくさんあります。全体的にとても華やかな印象。上賀茂が厳かで陰影のある美しさであるのに対し、下鴨は華麗で色鮮やかな美しさ・・・という感じでしょうか。

20140302_277.jpg

下鴨のすぐ近くに、とても気になる団子屋を見つけました。「加茂みたらし茶屋」。前知識なかったのですが、大変人気のある有名な老舗でした。運良く少しの時間待っただけで店内に座ることができました。

そもそもこのみたらし団子は、下鴨神社が発祥の地なのだそうです。知らなかった。。御手洗池に湧き出す水の泡を形取って作られたというのがみたらし団子の始まりだったとか。

20140302_274.jpg

そして出てきたのがこのみたらし団子。さすがに旨い。。たれの甘さ加減が絶妙で、焼き加減もほんのり香ばしくてちょうどいい感じ。すばらしい。みたらし団子としては、これが究極なんじゃないでしょうか。

20140302_280.jpg

再び自転車にのって、鴨川沿いを南にくだっていたら、なにやら橋のふもとに人が集まってるので覗いてみると。。。猫達がたくさんたむろってるではありませんか♪

20140302_279.jpg

有名な猫スポットなんでしょうか?下鴨本通から出町柳駅に出る手前の辺りです。お近くの方、ぜひ行ってみてください。

20140302_281.jpg

あてどなく自転車走らせているうちに祇園四条に到着。小腹が空いてきたので、「いづう」の鯖寿司を食べに行くことに。これはもう、掛け値なしに絶品。いづうのことは京都に詳しい友人に教えていただいたのですが、それから京都に来る度にここへ通ってます。

20140302_285.jpg

ホテルに戻る前に少しだけ先斗町をぶらぶら。近年すっかり様子が変わってしまったと聞く先斗町ですが、観光客の身として歩いてみると、それなりに街並の風情を感じます。

20140302_287.jpg

ふと足下見ると、こんなかわいいうさぎたちが!うさぎをモチーフにした小物や陶器を扱ってるお店でした。

20140302_288.jpg

先斗町に来たのは、一年前に京都にきたとき見つけた「茶香房 長竹」というお店を再訪するためでした。お茶と甘味を楽しめるお店。

一年前に京都にきたとき、このユーモラスな虫たちの世界に思わず足が止まり、この「茶香房 長竹」に飛び込みで入ったのでした。

20140302_290.jpg20140302_292.jpg

日本茶から中国茶まで揃っていて、とてもユニークなお人柄の店主がお茶の奥深い世界を楽しませてくれます。店主は有名な「京はやしや」にいた方で、そこから独立されたそうです。夜はお酒と食事も楽しめます。一人でぶらりとやってきても、あたたかく迎えてくれるとても素敵なお店。おすすめです!

今回の「奈良&京都の旅」のしめくくりは、「祇園みずおか」での晩餐でした。

20140302_297.jpg

みずおかさんは、私たちが京都に来る度に通っている大好きな料亭です。三年ほど前、祇園の右も左もわからないまま、飛び込みで入ってきた私たちを、女将さんと大将はとてもあたたかく迎えてくださったのです。そして、その料理の美しさと美味しさに、すっかりファンになってしまったのでした。。

20140302_301.jpg20140302_308.jpg

20140302_302.jpg

実は、昨年初秋の挙式の折も、この「祇園みずおか」で食事会を開催させていただきました。私たちが一番美味しいと思う料理を味わっていただくことが、家族への一番の感謝の気持ちになると思ったのです。...とはいえ、東京から打ち合わせのためだけに京都に出かけるわけにはいかず、女将さんと大将にはお世話になりっぱなしでした。。準備の段階から心のこもった細やかなお気遣いをしていただいて、今も言葉にならないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。そして当日は想像してた以上に家族みんなに喜んでもらえて、素晴らしい祝宴となったのでした。

20140302_303.jpg

みずおかさんで日本酒をいただく時は、いつもこんな風に利き酒風にしていただいてます。女将さん厳選の美味しいお酒を4種ずつ、美しいグラスで。

20140302_306.jpg

ほぼ毎回、コースの料理に入れていただいてる京都和牛。やわらかくて繊細な味。

この日も美味しい料理をたくさんいただいて、心もお腹もいっぱい。。どの料理も素晴らしかったのですが、中でもこの「のどぐろ」の料理が最高に旨かった。

20140302_312.jpg

新鮮な「のどぐろ」を少しだけ炙ることで風味が増し、旨味が凝縮してました。上質な油が乗っていて、口の中でとろけるような食感。素晴しく贅沢な逸品。。。今写真を見返しただけで、よだれがこぼれそう。。(笑)

20140302_315.jpg

みずおかさんの美味しい料理をいただくと、いつも本当に幸せな気持ちになります。今年もここに来られて良かった。仕事がんばってまた京都に遊び来なければ。。と切に思った一夜でした。〈おしまい〉

「祇園みずおか」のHP→ http://www.g-mizuoka.com

先月の春分の日に、「武重酒造本家酒造」の「酒蔵開放」というイベントに行ってきました。

20140321_080.jpg

「武重酒造本家酒造」があるのは、長野県佐久市茂田井。かつて中山道の宿場「茂田井宿」があったところ。東京から佐久平駅まで新幹線で1時間半。そこからからバスで20分。望月宿で途中下車し、宿場町の面影を感じる街並を散策。晴れていても風がすごく冷たくて、中山道には雪が残っていました。

20140321_075.jpg20140321_076.jpg

20140321_077.jpg

「酒蔵開放」毎年3月に開催されていて、ずっと行きたいと思っていたのだけど、参加するのは今回がはじめて。武重酒造本家酒造は「十二六」というどぶろくが有名で(「TOKYOどぶろくフェスタ2012」で大賞受賞)、それをたまたま酒屋で見つけて飲んでからファンになったのです。

20140321_078.jpg20140321_110.jpg

午前10時からのイベントで、その開始間もない時間に着いたのに、すでにお客さんが大勢集まっていてびっくり!限定販売のお酒の売り場は、既に大変な混雑になっていました。毎年1万人以上の来場者を見込んでいるそうです。

20140321_096.jpg20140321_114.jpg

20140321_086.jpg

この日は武重酒造本家酒造のすべての銘柄&新酒をすべて味わうことができます。利き酒というレベルではなく、実質飲み放題! しかも、無料!! 酒飲みにはこれ以上似ない至福のひとときでした。。。

20140321_088.jpg20140321_089.jpg

たくさん飲んだ中で、私が一番美味しく感じたのはこの「生酛純米」の新酒。風味が豊かで酒の旨味がずっしり詰まっている、素晴しいお酒。「きもと造り」はもっとも伝統的な酒造りの技法で、木桶の中で米と麹をすりつぶす手作業を経ています。よく聞く「山廃仕込み」よりも更に手間がかかる製法なのだそうです。瓶詰めされているものは若干味が落ち着いてしまってるので、新酒で飲む荒々しさが残ってる状態の「きもと純米」が最高に美味しかったです。

20140321_097.jpg

20140321_115.jpg20140321_106.jpg

この酒蔵はかなり歴史の深そうな建物で趣き深い。「武重家住宅及び武重本家酒造」の建造物30棟は、国の登録有形文化財に指定されているそうです。敷地内には立派な社もありました。

20140321_100.jpg20140321_103.jpg

20140321_107.jpg

酒蔵内を自由に見学することもできました。現代的な設備とともに、伝統的な酒造りの道具も現役で生かされているようでした。

20140321_095.jpg20140321_094.jpg

酒蔵内で食べることのできた手打ちの蕎麦。この麺のばらつき感がいい。

他にも「観音峰の白土馬鈴薯コロッケ」や「蓼科牛のハンバーガー」、酒粕を使ったお菓子などなど、魅力的な食べ物がいろいろ。山葵漬けも美味しかった。

20140321_113.jpg20140321_112.jpg

酒造の敷地内にある社長邸宅の立派な庭先で、美味しいお茶をいただいたり。美味しい桜餅もご馳走になりました。

20140321_104.jpg

何より印象的だったのは、社員の方々が皆生き生きとした笑顔に輝いていること。きっと働きがいのある充実した職場なのでしょう。だからこそ、美味しい酒ができるもだと思いました。

結局この日は4時間半くらいここで過ごして、めいっぱい楽しませていただきました(笑)。遠かったけど、心から行って良かったと思える、素晴しい酒蔵でしたよ。

20140321_116.jpg

★武重酒造本家酒造のHP→ http://www.takeshige-honke.co.jp

武重酒造本家酒造の「酒蔵開放」のあと、佐久平駅まで戻って来たのですが、せっかく佐久まで来たのだからと、佐久市周辺をぶらぶら散策することにしました。

20140321_120.jpg20140321_119.jpg

まずは、日本国内で唯一エストニアビールを扱っている「佐久のおぎのや」に行って、SAKUビールを買いだめ。このビールの美味しさを知ってる人なら、わざわざここで買い出しする気持ちがわかるでしょう。。

エストニアのビールのことは、2011年にエストニアへ行ったときの旅行記にも綴ってます。こちら→http://www.jamsand.com/jampot/2011/10/2002.php

20140321_122.jpg

石地蔵の寺として親しまれている「圓満寺」。夕陽を浴びるたくさんの地蔵様。

20140321_124.jpg

武田信玄とゆかりの深い「龍雲寺」。この日は残念ながら中に入れませんでしたが、境内には信玄霊廟があって、武田信玄の遺骨とその副葬品が納められているそうです。

20140321_128.jpg

そして佐久と言えば「鯉料理」。「鯉こく発祥の宿」と言われている佐久ホテルで、鯉づくしコースを堪能してきました。

20140321_133.jpg

20140321_136.jpg20140321_137.jpg

まずは、鯉のうろこと鯉の南蛮漬け。

20140321_140.jpg

鯉の唐揚げ。さくっとした衣に、少し甘めなあんが絡まってなかなか美味しい。

20140321_139.jpg

佐久が発祥という、名物料理の「鯉こく」。

20140321_145.jpg

そして、「鯉の甘煮」。250年にわたる継ぎ足しのタレを使った自慢の逸品。甘さの加減が絶妙で、最高に美味しかった。

20140321_131.jpg20140321_130.jpg

20140321_150.jpg

佐久ホテルは、正長元年(1428年)創業という大変な歴史を持つ宿。食事だけなのに個室まで用意してくださって、ホテルの対応にも感激。また行かなければ。。また行かなければ。。

★佐久ホテルのHP→ http://www.sakusaku.co.jp

このページの上部へ

About

日々のたわいもない出来事や旅の思い出を、気ままにつづっています。

【横山ひろあき】Hiroaki Yokoyama
グラフィックデザイナー&イラストレーター。1967年生まれ、鳥取県米子市出身。現在は東京都中野区に在住。

好きなもの:映画「ミツバチのささやき」、シュペルヴィエルの短篇、チェルリョーニスの絵画、ヴァージニア・アストレイの声、ラファエル前派、竹久夢二、坂口尚、猫、旅、酒。

http://www.jamsand.com

Mailform

ブログに綴った記事や旅行記へのご質問・コメントなどありましたら、お気軽にメッセージお送りください。
こちらから »【メールフォーム】

Search